SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
BLOG PEOPLE
Affi☆List (SOULHEAD)
AMAZON JAPAN
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
IP Address Search
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

The hut of a pigeon

音楽関連の話題を中心に、日常のできごとなどを、ゆる〜くつづっていくブログです。コメントも、お気軽にどうぞ。
<< 中目黒のランチ:SURUGA/AOYA | main | Lynyrd Skynyrd Live >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
「アタゴオルは猫の森」公開
アタゴオルコンプリートブック前売り券を買ってあったので、初日の恵比寿ガーデンシネマへ。初回上映だったので、西久保監督、山寺宏一(ヒデヨシ)、平山あや(ツキミ姫)小桜エツ子(ヒデコ)のメンバーで、軽く舞台挨拶がありました。

CGアニメーションなので、どうしても無機質っぽいつるっとした印象は残るものの、ファンタジックな世界観やキャラクターの性格付けは、うまく再現されていたように思います。
部分的にマットペイントも使われていたのですが、それを見るとCGじゃなくて手書きタッチのセルアニメのほうが、もっと世界観にあっていたかなぁとも。実際に見てみないと何とも言えないですが。

もともとのアタゴオル本編の世界では、あまり暴力的な争いごとは描かれないのですが、今回はギルバルスも出てくる「ギルドマ」がベースになったお話なので、娯楽映画向けの冒険活劇(監督の言葉を借りれば「ごった煮」風味)になっています。とはいうものの、ますむらさんの作品でヒデヨシも出てくるわけですので、独特のアタゴオルワールドはしっかり健在でした。

ファン層を考えると、初期の読者は30代・40代になっているわけで、今回の映画も見かけによらず大人向けのメッセージ性を含んだものになっています。今回は5歳の子供と一緒だったのでちょっと不安でしたが、それなりに楽しんで見ていたようで一安心でした。

ヒデヨシのおもちゃ箱―アタゴオルコンプリートブック
「アタゴオルは猫の森」公式サイト
| 映画 | 00:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:55 | - | - |









http://pigeon.jugem.cc/trackback/221