SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
BLOG PEOPLE
Affi☆List (SOULHEAD)
AMAZON JAPAN
サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jpアソシエイト
IP Address Search
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
SPONSORED LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

The hut of a pigeon

音楽関連の話題を中心に、日常のできごとなどを、ゆる〜くつづっていくブログです。コメントも、お気軽にどうぞ。
<< GO!5!KAELAND | main | 80's STYLE >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
キャデラック・レコード
J-WAVEさんのご厚意で、恵比寿ガーデンシネマで開かれた「キャデラック・レコード」の試写会に行ってきました。通常の試写会は平日夕方あたりが多く、仕事の関係で参加できないことが多いのですが、今回は21:30上映開始ということで、仕事帰りに寄ることのできる時間帯に設定。社会人には、こういった配慮はうれしいですね。

この作品は2008年にアメリカで公開された映画で、「チェス・レコード」(ブルース、R&B系のレコードレーベル)の設立からその終焉までの時期を中心に、このレーベルに関わったミュージシャンたちの人生模様が描かれています。ドリームガールズは、架空の(とは言ってもスプリームスそのまんまですが)グループを題材にしていましたが、こちらは映画用にやや脚色はあるものの、かなり史実に忠実な内容となっています。

チェスはブルース系の音楽では大変有名なレーベルで、マディ・ウォーターズ、ハウリン・ウルフ、チャック・ベリー、ボ・ディドリー、バディ・ガイ等、ストーンズファンにもおなじみのメンバーが数多く在籍。ちなみに劇中では、デビュー前のストーンズが登場して、マディ・ウォーターズと会話をかわすシーンも(ストーンズのバンド名はマディの曲「ROLLIN' STONE」から)。

「At Last」で有名なエタ・ジェイムズも在籍メンバーのひとりでビヨンセが熱演。ビヨンセは、この映画で製作総指揮も務めており、役作りのために元薬物中毒患者に長時間取材を行ったそうで、並々ならぬ気合いが入っていました。出番は後半なので出演時間は短めですが、ストーリー的にはかなり重要な位置を占めています。

この映画、日本では8月15日(土)より全国ロードショーとのこと。詳細は以下の公式ウェブサイトにて。

『キャデラック・レコード〜音楽でアメリカを変えた人々の物語』
http://www.sonypictures.jp/movies/cadillacrecords/
| 映画 | 03:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 03:20 | - | - |









http://pigeon.jugem.cc/trackback/316